貸せるお金なんて一円だってありません

基本的には絶対に貸しません。誰かから「お金を貸して欲しい」と言われる場合、それは高額のお金なのではないでしょうか?
もしママ友とランチに行った際、そのママ友がたまたまお財布を忘れてきて、「貸して欲しい」と頼んできたとしたらそれは貸すと
思います。私は社交的な性格ではないので、ちょっと知り合いのママ友ぐらいだったら一緒にランチに行ったりはしません。
ランチに行くという個人的付き合いをする人ならば、それなりに気が合って親しくしている人だと思います。それなら、「きっと
直ぐに返してくれるだろう」という確信があるので貸せます。
「高額でまとまったお金を貸して欲しい」と言われた場合、それは例え親しい人であっても、身内であっても絶対に貸せません。
それは今自分がおかれている状況が根本的理由です。私自身全くゆとり無く毎日生活しています。夜お布団に入ってなかなか寝付けない時は
いつでも、「もしもっとお金があったら…」と妄想ばかりしています。子供の頃、親に養って貰っている時は、そんな事全く考えた事も
ありませんでした。主婦になり、お金がここまで自分を縛り付けてくるとは想像もしていませんでした。
「世の中お金じゃない」とも言いますが、それは綺麗事だと思います。「お金があればほとんどの事は解決できるだろうし、お金さえあれば
人生が変わる」としか今では思えません。
ここまで自分がお金に縛られている、いや、もうお金に苦しめられているのに、どうして人にお金を貸せるでしょうか?「こっちが貸して欲しい
ぐらいだよ!」と叫びたいです。
でも、実際にはお金を借りるのも嫌です。タダで貰うのも嫌です。お金の存在が大きくなるに連れてお金が怖いです。借りたりタダで貰って
その後どうなるか考えると恐怖しか感じません。
お金は自分で稼ぐものです。簡単に借りたり、運よく降ってわいてくる物ではないと思います。
頼まれたら、「申し訳ないけど、うちには全くゆとりが無いから、貸せないわ」と事実を伝えます。

そして、その人がお金を借りれる金融機関を一緒に探してあげることはします。お金が必要な理由にもよりますが、本当に困っている人であれば自分は貸すことができないけど、その人がお金を借りれる金融機関を探すのを手伝ってあげることはできるのでそうしてあげると思います。

今は主婦や専業主婦で自分に収入がなかったり、収入が少なくてもお金を貸してもらうことのできる金融機関は増えていますからね。

ちなみに・・・主婦でも借りられる金融

金利が高くなっているところもけっこうありますから、そこは、しっかりとキャッシング会社によって違う特徴を事前に調べて、用途に合う会社に申請して即日融資に対応しているキャッシングを使うというのがベストの手順だと思います。
今までの勤務年数と、現在の住所での居住年数もカードローンの審査事項です。なお申し込み日における勤務年数や、申し込み日現在における現住所で住んでいる年数が短ければ、それによってカードローンの融資の前に必要な審査において、不利な扱いを受けると言ってもいいでしょう。
便利なことに最近は、時間がなくてもネット上で、画面の指示のとおりに必要事項や設問の入力を行って送信ボタンを押すだけで、借り入れできる金額などを、計算してわかりやすく説明してくれる便利なキャッシングの会社も見られるので、新規の申込は、実はとっても気軽に行えるようになっていますからご安心ください。
金利の面では銀行系の会社で借りるカードローンよりたくさん必要だとしても借りるのがあんまり多くなくて、30日以内に返してしまえるのが間違いなければ、審査がけっこう簡単なので日数がかからずに貸してもらえるキャッシングを利用するほうがありがたいんじゃないでしょうか。
当然ですが借りている額が増加すれば、毎月返済しなければいけない額も、必ず多くなっていくのです。結局のところ、カードローンの利用をするということは借り入れをするということであるという意識をなくさずに、可能であってもご利用は、よく考えて必要最小限の金額までに抑えて返済能力を超えることがないように計画的に利用しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>